cinema staff、新作『白夜 / 極夜 E.P.』リリース。

cinema staff

cinema staff、新作『白夜 / 極夜 E.P.』リリース。

2021年初となるスタジオ音源『白夜 / 極夜 E.P.』が特殊仕様CD/デジタルにてリリースとなった。


アートワークにWACK、ドミコ、LUNA SEAなどで定評のあるShinya Hanafusa、プロデューサーに竹内亮太郎を起用。
本作にはバンドの現在過去未来をつなぐキーとなる重要曲が収録されている。


また、「cinema staff TOUR 2021 NEWDAWN/NEWBORN」は6月4日(金)東京LIQUIDROOMからスタート。
7月18日(日)福岡INSAでのライヴチケットはすでにソールドアウト。

作曲を担当するBa.三島想平によるコメントは下記。


白夜 / 極夜 E.P.が発売になります。
先行き不透明なこの世の中で、cinema staffとして久々の、
複数曲まとまった形での音源リリースが出来るということを大変幸せに思います。

僕たちも皆さんも、コロナ禍であるこの1年半を経て、
かつて当たり前だったことが容易にそうでなくなる瞬間を沢山目の当たりにしてきたと思います。
同様に、それが新しい当たり前になっていく、ということもです。
この状況をなるべく悲観的に考えないようにするために、
cinema staffチームも沢山考えて、2020年度はほぼほぼ皆様の前での演奏をせず、
「貯める」期間に充てさせてもらいました。
そうして出た結論のひとつが
「新しい生活があろうが無かろうが、やっぱなんか出さないとヤベーわ、死んじゃう」
ということでしたので、2021年は早々に動き出し、
本作のリリースプランニングに至った訳です。
プロデュースに縁深い竹内亮太郎氏を迎え、
サウンド面でも新たなチャレンジをできていると実感しています。

バンドの在り方として、シネマはカウンター的にではありますが、実に健康的なのではないかと思います。
是非、ヘルシーな僕たちをお楽しみ頂けたら幸いです。

SHARE

LIVE INFORMATION

cinema staff TOUR 2021 NEWDAWN/NEWBORN

2021年7月18日(日)
福岡INSA
TICKET SOLD OUT!

PROFILE

cinema staff

激しくも繊細なサウンドとリズムのバンドアンサンブルに、Vo飯田の印象的な声とメロディが掛け合わされた楽曲が特徴の4人組ロックバンド。メンバーはGt辻友貴、Vo/Gt飯田瑞規、Ba三島想平、Dr久野洋平。高校時代に飯田、辻、三島が結成した前身となるバンドを結成し、2006年に久野が加入し現在の編成となる。 2012年にポニーキャニオンからメジャーデビュー。翌年テレビアニメ「進撃の巨人」後期エンディングテーマとなる『great escape』をリリー ス。アルバム『熱源』では、日比谷野外大音楽堂でのワンマン公演を開催し自身最多のワンマン公演動員数を記録。地元岐阜ではFC岐阜のオフシャルサポーターソングとして『HYPER CHANT』を提供、またフェスOOPARTSを開催している。「進撃の巨人」Season 3 Part.2 EDテーマ『Name of Love』がアニメとともに世界的ヒットを記録中。2020年末、バンド史上初となる7インチ『TOKYO DISCORDER / 3.28』をコロナ禍において制作、リリースした。